シールの材質について

紙質について

◆ミラコート紙

mirako-to

・光沢のある紙で、高級感のある仕上がりになります。

自社では一番注文の多い原紙になります。

・用途:野菜・フルーツの商品シール、産地シールなど

・一般的なプリンタやハンコなどの後からの印刷には不向き

 

◆上質紙

jyoshitu

・通常のコピー用紙などに近い材質です。

光沢はなく落ち着いた仕上がりになり、紙の良さを出すデザインや

裏表示シールなどに適しています。

・価格的には一番安い紙質になります

・用途:野菜・フルーツの商品シール、お酒シール、裏表示シール

・プリンタでの印刷やハンコなども可

 

◆アートコート紙

art

・ミラコートと同じく表面コートをさせれた材質で、ミラコートほど光沢はなく

落ち着いた材質になります。全面印刷だと印刷したインクの光沢などが出て

ミラコートに全面印刷した物と見分けがつきにくくなります。

・自社では野菜・フルーツの商品シール、お酒シール、裏表示シールなどに使っています

・一般的なプリンタやハンコなどの後からの印刷には不向き

 

◆クラフト紙・オリンパス紙

kurafuto

・クラフトは濃い茶色・オリンパスはやや薄い茶色の紙で、

コートはされておらず、段ボールと同じ様な材質になります。

・ナチュラルなデザインや段ボールの訂正などに使われています。

・オーガニックな商品など

 

 

◆和紙

washi50washi-unryuwashi-ginryuwashi-harugasumi

・和紙には様々な材質があり、無地、雲龍柄、銀龍柄、春霞柄など

・日本風のデザイン、お酒やお煎餅などのシールに使われています。

・価格は同じ価格になります。

 

◆クレープ紙

kure-pu

・表面がデコボコした和紙に近い材質になります。

・こちらもお酒やお煎餅など日本風なデザイン、オーガニックなデザインが適しています。

 

◆ユポ

yupo

・合成紙になり、フィルムのような白の紙になります。

耐水性のある材質ですので飲料系や冷蔵・冷凍商品などに適しています。

・自社ではところてん・こんにゃく・白滝・豆腐などにも使っています

 

◆金・銀ホイル紙

gkesihoirugtuyahoiru

skeshihoirustuyahoiru

・金と銀のホイル紙で、高級感のあるメロンやスイカ、お酒など商品に使用されています。

・金銀の光沢感はスーパーなどでも目を引く材質となります。

・ツヤありとツヤなしがあり、デザインによって使い分けをしています。

 

◆PET#25、#50

pet

・PETは透明な材質のフィルム素材です。

印刷用のフィルムの厚みは#25と#50の2種類で

貼りやすさは厚い#50の方が貼りやすい素材になります。

・フィルムなので、耐水性があります。

 

◆金・銀ネーマー#25、#50

gtuyanemagkeshinema

stuyanemaskeshinema

・金と銀のフィルム素材になります。ツヤありとツヤなしがあります

厚みは#25と#50があり、貼りやすいのは#50になります。

・フィルムなので、耐水性があります。

 

◆サーマル紙(感熱紙)

sa-maru

・感熱紙になり、感熱プリンタ用の紙になります。

・感熱プリンタがあれば、共通する部分は印刷、

変更がある部分はプリンタでプリントということができます。

 

糊質について

◆一般

・一般的な強さの糊です。

◆強粘

・一般よりも強く、野菜・フルーツ加工場などに適しています。

弊社では、こちらをお勧めしております。

◆冷食

・冷凍食品用の糊で、耐水性、低温適正に優れた糊です。

◆超強粘

・強粘よりも更に強力な糊質です。

◆ハム用

・お中元・お歳暮などのハムに使われる強力な糊になります

◆再剥離

・貼っても再度剥がす事の出来る糊です

◆粗面用

・ざらざらした表面でも強力に貼ることのできる糊です

◆訂正糊(グレー)

・カタログやメニューなど、下地が透けないようにグレーになっている糊です

◆改ざん防止

・一度貼ったシールを剥がすと開封済やVOIDなどの文字が出てくる糊です

 

シールのお見積り依頼はこちらから